COMPANY

会社概要

COMPANY

  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社
  • 佑光社

社長あいさつ

当社の HP に御訪問いただきましてありがとうございます。

1925年創業以来、自動車、建材・建築、電機分野向けの塗料を開発・製造し各市場に供給し、最終製品の品質向上に貢献してまいりました。

100年近く、同じ事業で会社を維持・存続できているのは、ひとえにサプライヤーの皆様のお陰でございます。
従業員を代表いたしまして皆様に厚く御礼申し上げます。

今後も社会・環境・経済の 3 つの観点から、それらを両立させる経営を目指してまいります。

又、お客様の価値向上に寄与し、未来創造のパートーナーになりたい。
パーカーコーポレーショングループとして顧客・社会にとって必要とされる企業をめざして努力してまいる所存でございます。

今後ともより一層のご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社 佑 光 社 代表取締役社長 

会社概要

商  号
株式会社 佑光社
本社・工場
〒346-0028 埼玉県久喜市河原井町23-10
TEL:0480(23)1711 FAX:0480(23)4480


設  立
昭和10年4月14日
資 本 金
3,000万円 (株式会社パーカーコーポレーション 全額出資)
役  員
代表取締役社長 佐藤 久夫
取締役 上原 健二
取締役 垣内 健児
監査役 橋本 一徳
会社の目的
各種合成樹脂塗料の開発製造及び販売、及びシンナーの製造販売
化学製品(塗料及びシンナー等)の仕入れ販売
取引銀行
三井住友銀行・東京中央支店・埼玉りそな銀行・久喜支店

沿革

大正14年4月
創業開始
昭和 4 年4月
佑光社油脂研究所として尼崎市に塗料工場を設立。
昭和10年4月
株式会社に組織変更し、名称を佑光社ペイント株式会社とする。
昭和14年3月
大蔵省特許施設保税工場に認可。
満州、支那、印度、アラビア、アフリカ、中南米、フィリピン等に輸出を行う。
昭和26年6月
日銀より米国対日援助見返資金の融資を受け、工場の拡張並び生産設備の増設を行う。
昭和34年8月
東京佑光社ペイント株式会社を板橋区に設立する。
昭和55年5月
埼玉県久喜市(現在地)へ移転
昭和56年6月
株式会社佑光社に社名変更
昭和62年10月
日本パーカライジング株式会社グループの傘下に入り、パーカーグループとして将来に先駆けた独自の塗料開発と製造及び拡販に着手。
平成16年2月
JCQA-1368 ISO9001認証取得
平成24年3月
株式会社パーカーコーポレーションの連結子会社となる。

品質方針

経 営 方 針

我々は環境に優しい、高付加価値コーティング製品を提供し、あらゆる素材の表面美化、高度化に貢献する。
そのために全員が徹底した顧客志向にたち、技術力・製造力・営業力・管理力向上のため日々精進・努力し、優良会社となる。

品 質 方 針

制定日:2017年10月1日

株式会社佑光社は、多様化する顧客ニーズへの対応を経営の重要課題の一つとして位置づけ、顧客に満足いただける最適品質の技術とサービスを提供するため、以下の品質方針を定め、その実現に取り組む。

  1. 常に顧客とのコミニュケーションを図り、その情報の伝達を会社全体に行い、顧客の要求する事項を全社員が把握して顧客満足の向上を目指し、業務の推進を行う。
  2. 標準化と社員の自覚、企業との相互信頼に基づきPDCAを回し、プロセス管理の実施により、製品及びサービスの要求事項を満たす。
  3. 全ての事業活動において、全組織が品質へのこだわりを持って取り組み、品質目標及び施策を定め推進すると共にQMSのパフォーマンス及び有効性を確認し、結果を見直すことにより継続的改善を行う。
  4. 技術力、提案力、人間性の向上への啓発、教育、訓練等により、全従業員に品質方針の徹底を図り顧客志向を追及する。
  5. 適切な経営資源を投入し、顧客満足の向上を推進する。

環境理念

株式会社佑光社は、環境保全への取り組みを経営の最重要点課題のひとつととらえ、
塗料の製造・販売業を通じて製品環境品質保証に配慮する企業を目指す。

 

製品環境品質方針

  1. 環境対応技術の開発とプロセスを構築し、社会に貢献する。
  2. 関連する環境法規則、条例等を遵守する。
  3. 各顧客により指定された使用禁止物質(物質と用途)を使用しないこと。
  4. 環境目的・目標を設定し、環境汚染の予防並びに地域環境保全活動を継続的に推進し、定期的にレビューを行い、必要に応じて製品環境品質方針を見直す。

関係会社

keyboard_arrow_up